カテゴリー
事務所より 写真・撮影

最近の写真

近頃 撮ったものを上げてみました
お楽しみください

超広角レンズを手にしてから ここに立ち寄ると ふと撮ってしまいます
ふと なんだか海外にあるような情景でした
食べ歩きにはちょうど良いですよね
新宿三丁目界隈をコンパクトデジカメで「流し撮り」してみました
雲を纏った”とうきょうスカイツリー”に出会いました
カテゴリー
事務所より 写真・撮影

夜空をお楽しみください

こんにちは

たまに出かけて、夜空を撮影しています
素敵な夜空をお楽しみくださいませ

The ship of the pirates at hakone under the north night sky
カテゴリー
事務所より 写真・撮影

執務室の窓から

こんにちは

事務所執務室から

たまには執務室から見える情景を丁寧に(といっても使用しているカメラは OLYMPUS TG-6 とKani filter Premium LR MC Hard GND 0.9 75x100mm を使用)撮ってみました

空の写真は空に露出を合わせると地上の情景が暗くなってしまったり 反対に明る過ぎたりしてしまって うまくいかないことが多いものです

空と地上の情景の輝度差を解消するために、角型グラデーションフィルターをよく用います。

今まで、角型フィルターを使ったことがないのであれば、まずホルダーを購入する必要があります。

【KANI】75mm ホルダー CPL セット (アダプターリング付き 75-72mm 、 75-67mm) 角型フィルター用

amazonでは、CPL(偏光)フィルターとセットになったホルダーが販売されています。

そして、今回使用した角型フィルターです

【KANI】角型フィルター NDフィルター 減光フィルター Premium LR MC Hard GND 0.9 (100x75mm)

なお、#OLYMPUS TG6 を使用するのであれば、別途純正コンバーターアダプターとホルダーを取り付けるkaniアダプターリングも必要です。

コンバーターアダプター CLA-T01  (TG-6/5/4/3/2/1用)(カラーバリエーション無し)

空と地上の情景の輝度差や明るいところと暗いところの輝度差が大きいところでは、グラデーションフィルターを使ってみると、肉眼で見たような情景を写すことができますね。

たまには、このような投稿もしていこうと思います。

大山 真